その夜は忘れない (1962)

白井更生と若尾徳平が共同で脚本を執筆、吉村公三郎が監督した風俗ドラマ。撮影もコンビの小原譲治。

監督:吉村公三郎
出演:若尾文子、田宮二郎、川崎敬三、江波杏子

その夜は忘れない (1962)のストーリー

週刊ジャーナルの記者、加宮(田宮二郎)は、戦後十七年の原爆記念特集号取材のため広島へ出張した。しかし、原爆の傷痕は、今や原爆資材館の陳列ケースの中にしかない。一夜、加宮は親友の菊田(川崎敬三)に誘われてバー「オータム」へ行き、美貌のマダム秋子(若尾文子)を紹介された。彼女の顔には何か憂いがあった。翌日、加宮は六本指の赤ん坊取材の途中秋子に逢った。話が取材のことになった途端、何故か秋子の態度は、よそよそしくなり足早に去った。赤ん坊を生んだ母親はいなかった。その帰途、彼は「オータム」に寄ったが、秋子はいなかった。加宮は原爆の取材を断念し、東京のデスクへ連絡した。東京へ帰る切符を買った加宮だが、何か去り難く「オータム」を訪れた。そこで金子が秋子に借金しに来たことから、彼女と口論になった。加宮が割って入り、金子と争う破目になった。加宮が酔ってホテルへ戻ると、秋子が待っていた。二人は太田川の畔に佇んだ。「あなたは本当に淋しい人なんだ」加宮の呟きに、秋子は小石を拾って彼に渡した。握れば砂になってくずれた。原爆にあった小石である。二人は川岸の旅館で向い合った。加宮はもっと秋子を知りたかった。加宮は秋子を抱いた。あえぎながら彼女は顔をそらし「あなたは、あたしを知らない」と、いきなり自分の胸元を開いた。秋子の肌に原爆の爪跡があった。乳房も見分けられぬほど、ひきつっていた。女学生だったあの日、原爆に遭ったのだ。「私はさっきの太田川の石なんです……」加宮の心は熱くなった。そして彼女を強く抱きしめた。秋子の両眼から涙があふれた。彼の胸に顔を埋め、うめくような慟哭が続いた。「ぼくの愛情を踏み台にして生きられるだけ生きてくれ」。という加宮の言葉に秋子は始めて女の幸せにひたることが出来たのだが……。

関連記事

  1. 瘋癲老人日記 (1962)

  2. 銀座っ子物語 (1961)

  3. 婚期 (1961)

  4. 花くらべ狸道中 (1961)

  5. お嬢さん (1961)

  6. 爛 (1962)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。