閉店時間 (1962)

同じ高校から東京の丸高デパートへ入社した仲良し3人組の紀美子、節子、サユリのそれぞれの恋愛を中心に“恋愛・結婚・別離”といった働く女性に共通の問題を描く。読売新聞連載有吉佐和子の原作から白坂依志夫が脚色、井上梅次が監督したB・Gもの。撮影もコンビの中川芳久。

監督:井上梅次
出演:若尾文子、野添ひとみ、江波杏子、川口 浩、竹村洋介、川崎敬三、潮万太郎

閉店時間 (1962)のストーリー

紀美子(若尾文子)、節子(野添ひとみ)、サユリ(江波杏子)の三人は、同じ高校から東京デパートへ入社した仲良しだ。紀美子は呉服売場、節子は食料品売場、サユリはエレベーターと三人とも職場は違うが、短かい休憩時間を利用してはお互の悩みを話し合うのだった。真面目だが勝気な紀美子は女性は男性と対等でなければならないと信じている。だから新入社員の生方誠(川口浩)が、ことごとに女性を軽蔑したそぶりを見せるのが我慢出来ない。紀美子は何かと生方に対立するが、いつしか恋に発展して行った。一方、節子はいたって家庭的な女の子、生活の充実を漠然と求めて働いているうちに食品会社の出張社員竹井(竹村洋介)と知り合うようになった。今時珍らしいほど堅実な青年である竹井を節子はだんだん好きになった。だが、食品売場の主任はこの二人の仲を良く思わなかった。問屋の店員とデパートの売子が交際するのはいけないというのだ。何かにつけ竹井に言いがかりをつける主任をみると、節子は、憤りを感じないわけにはいかなかった。エレベーター係のサユリは恋愛を自由に楽しむ主義、閉店時間になると派手な化粧をして夜の街へとび出すのだ。そのうち彼女は宣伝部の畠(川崎敬三)と知り合った。妻子のいる彼と恋を楽しむサユリ、だが、そんな彼女でもふっと淋しくなることがあった。やがて畠は彼女に内証で姿を消した。派手好きなサユリはもうデパートにいやけがさし、とうとうバーにくらがえしてしまった。節子は主任にいじめられながらも、竹井をかばい、二人の健康な家庭を築こうと未来に夢をはせるのだった。また、紀美子と生方はけんかしながらも相手の良さを知るようになり、売場主任の仲人で結婚することになった。あわただしい閉店時間、彼女たちはそれぞれの生活へと解放されて散っていくのだ。

関連記事

  1. 雁の寺 (1962)

  2. 好色一代男 (1961)

  3. しとやかな獣 (1962)

  4. 女の勲章 (1961)

  5. 婚期 (1961)

  6. お嬢さん (1961)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。