銀座っ子物語 (1961)

笠原良三・井上海次の共同脚本を、井上海次が監督した、スポーツマン三兄弟を中心に描く明朗編。撮影は中川芳久。

監督:井上海次
出演:二代目中村鴈治郎、三益愛子、川崎敬三、川口浩、本郷功次郎、若尾文子、野添ひとみ、江波杏子

銀座っ子物語 (1961)のストーリー

長男の一郎(川崎敬三)は元レスリングの選手権保持者で今はスポーツ連盟事務所の主事、次男の雄二(川口浩)はアメリカンフットボールの選手で紡績会社のサービスステーションに勤務、三男の修三(本郷功次郎)は学生ボクシングライト級のチャンピオン。だが父親・清吉(二代目中村鴈治郎)は、誰一人家業の呉服屋をつぎそうもないのに不満だった。もっとも近所の評判は大変で、娘たちは三人のうち誰でもいいから結婚したいとモーションをかける。家に同居している親戚の娘セツ子(野添ひとみ)や喫茶店の娘桃子(江波杏子)も同様なのだが、三人は相手にしない。三人が三人とも絶世の美人に会って一目惚れしてしまったのだ。その問題の女性は千加美(若尾文子)である。雄二は彼女を試合に招待したがミスを重ね、まず失格の線が濃くなった。修三もボクシングの試合に招いたが、彼女に気をとられているうちにパンチをくいKOされてしまった。一郎もご同様である。母校でコーチをしている所へ千加美を誘いこれも失敗。父の清吉の遊びぐせが治らないのに意を決した母のきくが家出をした。その原因が千加美が注文した着物をバーのマダムにやってしまったからだと聞いた三人は、父を土蔵に監禁した。だが敵もさるもの、こっそり裏窓から逃げ出してまたバー通い。ある時、清吉がヨタ者に因縁をつけられた。急を聞いて駈けつけた三人。大乱闘の末、三人はブタ箱入り。千加美が彼らをひき取りにやって来た。彼女の一郎への態度から雄二と修三は千加美を一郎にゆずることにした。雄二はセツ子、修三は桃子の許へ駈けつけるのだった。

関連記事

  1. 女の勲章 (1961)

  2. その夜は忘れない (1962)

  3. 閉店時間 (1962)

  4. 女系家族 (1963)

  5. 瘋癲老人日記 (1962)

  6. 妻は告白する (1961)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。