祇園囃子 (1953)

川口松太郎の原作を「雨月物語」と同じスタッフの依田義賢が脚色し、監督、撮影を溝口健二、宮川一夫が担当。音楽は斎藤一郎。

監督:溝口健二
出演:木暮実千代、若尾文子、進藤英太郎、河津清三郎、菅井一郎など。

祇園囃子 (1953)のストーリー

祇園では名の売れた芸妓美代春(木暮実千代)は、彼女に入れ上げて勘当になった若旦那の小川を、強い言葉で追い返した。丁度その時、舞妓志願に来たみすぼらしい少女栄子(若尾文子)は、美代春も旧知のメリヤス問屋沢本の二号の娘で、零落した沢本(進藤英太郎)の栄子の面倒は一切見ないという言葉にも拘わらず、栄子の健気な言葉に舞妓に仕込む決心をした。そして一年。栄子は愈々舞妓として店出しする事となったが、美代春はその費用三十万円を、祇園一流のお茶屋「よし君」の女将から借りた。やがて栄子の美貌とアプレの奇抜な行動は俄然遊客間の人気を呼んだ。中でも車輛会社の専務楠田(河津清三郎)は彼女に食指を動かし始めた。実は栄子の披露目の費用は楠田から出ていたのだ。楠田は得意先の某官庁課長神崎と上京する事となり、美代春と栄子も同行した。その夜楠田は美代春に、大事な得意先神崎を客にとるようその部屋へ連れて行き、自分は別室に栄子を呼び接吻しようとするが、栄子は悲鳴を上げて楠田の唇を噛み切った。この騒ぎで美代春も事なきを得たが、これを聞いた「よし君」は面目の潰れた事を怒り、二人は出先の茶屋から出入差留を喰い、祇園祭が近ずいても美代春のやかただけは淋れ切った。

関連記事

  1. 赤線地帯 (1956)

  2. 十代の性典 (1953)

  3. 十代の誘惑 (1953)

  4. 続十代の性典 (1953)

  5. 明日は日曜日 (1952)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。