温泉女医 (1963)

木村恵吾と田口耕三が共同でオリジナル・シナリオを執筆、木村恵吾が監督した喜劇。撮影は宗川信夫。

監督:木村恵吾
出演:若尾文子、菅井一郎、姿美千子、山下洵一郎、二代目中村鴈治郎、初代林家三平、ミヤコ蝶々、三原葉子

温泉女医 (1963)のストーリー

伊豆のとある温泉町。一名子宝温泉と呼ばれるこの町は、医者といえば高血圧の老人薮内大作(菅井一郎)ただ一人。息子の昌彦(丸井太郎)は医大を卒業しながら目下勘当中という変り者。代診を依頼した薮内医院に現われたのは美貌の女医塩月イサオ(若尾文子)だった。てきぱきしたイサオの診察ぶりは次第に人気を呼び、押すな押すなの大繁昌となった。ある日、イサオは豆福(三原葉子)から紹介されて半玉吉弥(姿美千子)を知った。本当は看護婦さんになりたいという吉弥に、イサオは妹のような愛情を感じた。一方郊外の養蜂園で蜂蜜エキスの研究に余念のない昌彦は、友人のホテルの若旦那淳吉(山下洵一郎)に、吉弥への慕情を告白された。気の弱い彼は、恋の橋渡しをたのんだ。一計を案じた昌彦は、お座敷に吉弥を呼び人物テストを試みたが、丁度その時、独身の空しさを感じたイサオが吉弥を座敷によんだので、昌彦と淳吉は見つかって散々お灸をすえられた。しかしこの日からイサオの心に昌彦は面影を残した。やがてイサオが東京に帰る日、イサオは吉弥を落藉し看護婦学校へ入れるよう手続した。その祝いとイサオの送別会の夜、昌彦は彼女に求愛した。昌彦の勘当も解け、結婚式を挙げたイサオ、昌彦は、子宝温泉おしどり医者第一号となって、スタートした。

関連記事

  1. 妻二人 (1967)

  2. 女系家族 (1963)

  3. 清作の妻 (1965)

  4. 越前竹人形 (1963)

  5. 氷点 (1966)

  6. 卍(まんじ)(1964)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。