最高殊勲夫人 (1959)

週刊明星に連載中の源氏鶏太の同名小説を、白坂依志夫が脚色、増村保造が監督した喜劇。撮影も村井博。

監督:増村保造
出演:若尾文子、宮口精二、滝花久子、亀山精博、川口浩、丹阿弥谷津子、船越英二、近藤美恵子

最高殊勲夫人 (1959)のストーリー

結婚披露のカクテル・パーティ、新郎は三原二郎(北原義郎)、新婦は野々宮梨子(近藤美恵子)である。二人は、三原一郎(船越英二)・野々宮桃子(丹阿弥谷津子)に続いて同じ家の同じ兄妹同士の結婚なのだ。三原商事の営業部長対秘書の恋愛結婚が二度繰返されたのだ。ところで、現在三原家には大島商事に勤務している三郎(川口浩)、野々宮家には短大を卒業した杏子(若尾文子)が残っている。桃子はこの二人を結ばせ、トリプルプレイを狙っていた。三郎と杏子は、お互いに恋人があることを宣言、絶対に結婚しないことを誓った。三郎は大島商事社長令嬢の富士子(金田一敦子)からプロポーズされていたが、杏子には恋人などいなかった。彼女は早速恋人を見つけねばならなかった。桃子の願いを聞き入れ、杏子は三原商事の社長秘書に就職した。たちまち、宇野(小林勝彦)・野村(野口啓二)という若い社員が彼女の後を追い始めた。テレビのプロデューサーで、富士子の兄の武久も、杏子にイカれてしまった。武久は、停年になった杏子の父の就職先まで探し出してきた。宇野には豊子という恋人がいたが、彼女は杏子に宇野を横取りしないよう頼んだ。杏子は承知した。宇野も杏子を諦らめ、豊子と元のサヤにおさまった。杏子と野村を加えた四人は、社長夫婦に仲人を頼みに行った。この時、杏子に首ったけらしい野村を見た桃子は、一郎に野村を北海道へ転勤させるよう命じた。恐妻家の一郎は従わざるを得なかった。杏子からこのことを聞いた三郎は考えた。社長の細君が社内の人事にまで口を出すようでは三原商事も危いと。自分が乗り出さなくては駄目だと。野村と武久からプロポーズされた杏子は、本当は三郎が好きなのだと気づいた。三郎にしてもそれは同じことだった。二人はロカビリー喫茶の騒音の中で、大声を出して愛を告白し合った。野村を転勤させないこと、会社のことには口出ししないこと、の二つの条件を桃子が承諾したので、三郎は三原商事に入社し杏子と結婚することにした。トリプルプレイに成功した桃子も満足げだった。

関連記事

  1. 赤い天使 (1966)

  2. あなたと私の合言葉 さようなら、今日は (1959)

  3. 赤線地帯 (1956)

  4. 処刑の部屋 (1956)

  5. 刺青 (1966)

  6. 女経 (1960)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。